農薬を使っていない原材料のお茶と土地は、日本のお茶の中でも2.2%しかありません。

茶樹の選定として、通常流通しているお茶は改良品種が殆どです。薬効効果の高い在来種は日本のお茶の中でも2%しかありません。

上記の条件を満たせる素材を追いかけたところ、日本のお茶の中ではわずか0.1%以下の存在になってしまいました。

在来種とは
日本古来より山里に自生する野生種のことです。
種から育つので成長に時間がかかり今では全体の2%未満。
太い根を土の中深くまで伸ばし大地のミネラルたっぷり吸収している生命力あふれるお茶です。

在来種 無農薬 自然栽培
完全手作業による 手摘み 手揉み

「木を見て森を見ず」の自分に氣が付きました。
山の間伐をして、生態系のバランスを取りつつ、焙煎の燃料にしています。
猟師として、生態系のバランスを取っています。
やればやるほど、自分の身の丈の小ささを痛感します。


目的
自然の循環美を取り戻す。
孫の世代は、我々より質の良いお茶を楽しめるようにする。

商売
良い素材で良い茶を作り
近江商人に学び、三方良しの商いをする。

自然のメリット
循環を取り戻しバランスが取れる。

お客さんのメリット
解毒と、免疫力のバランス取りを同時に出来る。
自然環境回復に、間接的に参加できる。
体に入れる物で直接取引だから、茶山・工場共に見にこられる安心感。
茶山の環境向上と古田の経験値が上がることで年々質の向上が期待出来る。
ご要望が有れば、お茶遊びができる

古田のメリット
使命を全う出来る
経済を気にせずに微差に集中できるので良い仕事が出来る。
質でお客さんに還元できる。

三方良しの御縁がありますように。

Furuta Saro.
英語住所
住所

contact