高貴茶

noblesse tea

古田茶楼で栽培・製茶している、2つの産地を御案内します。

1.竹林茶山産

竹と茶とが共存する、日本で唯一の竹林茶山です。

生命力の強い竹に、地中の養分を奪われた茶樹は、飢餓状態で必死に根を張ります。
日光さえも竹に遮られた状態で、光を求めて必死に葉を広げます。

香りの高いお茶は、痩せた土から頂ける事。
日光を遮る手法は、遮光幕で茶の木を覆う「おおい茶」や「かぶせ茶」で使われている事。

誰にも似ていない個性には、こんな背景がありました。

2.上喜撰 池の尾(しょうきせん いけのお)産

喜撰

日本茶のルーツが存在します。栄西から種を託された明恵上人が栂尾と、ここ池の尾に植えた種が現代まで続いていました。

一般的な茶畑がカマボコ型に仕立てられているのは、刈り取り機の刃型がカマボコ型だからです。
ここには、茶樹を連ねて龍に見立てる「臥龍(がりゅう)仕立て」という独特の美しい文化が存在しました。

臥龍仕立ては、手作業でないと出来ません。その発想・行動力・技術・美意識と全てが美しい。
昭和の先輩方、凄いです。再生しようと、根元まで茶樹を刈り取ったのは2013年。土から芽を出して4年目から、やっと初収穫です。樹齢が若く、勢いの有る茶樹です。

池の尾は、喜撰法師をはじめ芥川龍之介(鼻という作品に登場するお寺が池の尾に現存)等様々な文化が交わる趣のある場所です。

時を超えて、あの文化人達も楽しんだお茶と同じ在来種が頂けます。





共通するのは、個性が強い唯一の存在。
そして、どちらも美しい。
こんな素材でお茶を作れるなんて、宝くじに当たったような氣持ちです。

作り続けるうちに、量と質、どちらかしか選べない事にも氣付けました。
分かってはいるのですが、質が欲しいと思ってしまったので仕方ないです。

そんな無知を、買い支えて下さる奇特なお客様に心底感謝しております。感謝できるおかげで、精神的には割が良すぎて申し訳ないです。質で恩返しさせて頂きたいと思います。

竹林碾茶

竹林碾茶パッケージ3

抹茶の原料となるお茶です。

上喜撰紅茶

喜撰紅茶リサイズ

手摘み・手揉み・井戸上萎凋・炭火乾燥

上喜撰烏龍茶

烏龍茶パッケージ3 (2リサイズ)

謎の多い烏龍茶に仕立てました。

上喜撰白茶

白茶リサイズ2

素の状態の茶を感じられるよう、シンプルな製茶の白茶に仕立てました。